今年は台風が多いの

6月の台風上陸が8年ぶりにあった今年は「もしかして台風が多い年?」
なんて思いも。。。。。

台風の目

台風に備えてAPO-COMIからの提案

それにしても東北の太平洋側を中心に広範囲で大雨や暴風をもたらした台風でしたが、皆様の物件は大丈夫でしたでしょうか?
今回は台風に備えての準備について少しお話を。

台風で被害の素は大雨と暴風ですがまずは「雨!」
雨による被害は、下水が溢れたりすると、1階の住戸や半地下の住戸では「浸水」被害の心配が考えられます。
急激な雨量の増加で地下の駐車場スペースの浸水などは大きな被害を生みます。
また、台風での大雨は暴風とタッグを組、思わない箇所からの雨漏りも発生させます。

・地域の「洪水ハザードマップ」を確認しておきましょう。
・地下室がある場合は排水ポンプや万一の土嚢など点検準備。
・廊下やバルコニーの排水溝の詰まりがないか確認。(詰まっていると階下に被害が)

さてもう一つの被害の素「暴風」です。
先日の台風でも強い暴風で立っていることが出来ないほど!
暴風での被害は飛来物による思わぬ被害も考えられます。
飛散物による被害に備え以下の準備は大切です。

・ガラス破損防止フィルム等で補強する。(防犯面でも効果があります。)
・飛ばされる可能性のある植木鉢、物干し竿などを室内に。
・室内に移動できないバルコニーの荷物も固定する。
・暴風通過中はむやみに窓を開けない。(風の強さで閉まらない事も!)

その他にも停電に備える準備もしておきましょう。